2011年3月 8日 (火)

Live Ver.60.01を終えて

大盛況の中、無事終了しました。
いろいろと思うことはあるのですが、言葉になりません。

とにかく集まってくれたお客さん、支えてくれた仲間、メンバーみんなにありがとう、です。

いろんな思いを反芻しながら、この二日間はただただぼぉ〜っとしていました。
お祝いのメールやメッセージをいただいたのにレスを出し忘れている場合もあるかも、です。全部返事させてもらうつもりですが、万が一漏れてしまったら申し訳ない m(_ _)m

今は、オレのやってきたことが、回り道寄り道だらけだったけど、これでよかったんだと実感しています。まだまだ、道の途上だけどこのままこの道を歩いて行こう、と。
ひとりで歌っている時、ゲストの「辻邦博」と一緒にやっている時、そしてCompanyのみんなと演奏している時、そして全て終わってみんなと酒を酌み交わしている時、大きな幸福感に包まれていました。
こんなにみんなからいろんなパワーを貰って、ちゃんとオレは返していけているのか、なんて一抹の不安を抱えながら。
でもね、この幸せを感じていられる自分である限りオレはまだ大丈夫だと思ってます。
それはこの還暦記念のライブをLive Ver.60.01と名付けたところにもポイントがあります。
この先、ライブを重ねるたびに、例えば次回のライブは4月12日に稲生座なのですが、そのタイトルは水野たかし Live Ver.60.02となります。
この先、この数字をどこまで伸ばせていけるのか、まぁ、数を伸ばせばいいってもんじゃないのは重々承知の上でね、どこまでいけるのか、3月の5日が新しいスタートラインだったわけです。
当然、数字が増えていくだけグレードアップしていかなければならないわけだから大変ではあると思うんだけれども、今までのように続けていければそんなに無理難題でもないような気がして。

この先、水野たかしは一人でも歌うし、辻邦博とジョイント企画もやっていくし、当然Companyとはより深く掘り下げていくし、やりたい事、やらねばならないことはいっぱいあります。うかうかと年を取っているヒマはないんだ(笑)

あたたかく見守ってください、応援してください。よろしくです。

なんだか、書こうと思っていた内容とずいぶん違う方向に進んじゃったけど、ま、いっか(笑)
これもblog記事なんで。

それとお礼かたがたこれは書いておきたいのだが、当日、本番中に稲生座の仲間一同からギターをいただきました。
Orville by GibsonのLes Paulです。
感謝、感謝、です。本当にありがとう。
このギターの来歴は充分に一本のエントリーになるので後日、写真と共にアップします。
お楽しみに、ってほどのもんではないか(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月17日 (火)

旅の残り香

短い旅ではあったが。
実り多き旅でもあった。

今回は本当にMOTEL(対馬テル・須藤もん夫妻)にはお世話になった。
結果として、全行程、彼らの車で運んでもらうこととなったのだ。
まずは初日、14日(土)に「虫の音」で共演することになったところから始まるのだが、彼らのスケジュールが決まっているところに、あとから割り込ませてもらう形となった。
2009111416010000
せっかくだから、一緒に行きましょう、ってことにはなったのだが前日の連絡で、天気が悪そうなので迎えに行くよ、と言ってくれたので甘えることにした。
おかげで、天候は回復したが、実に快適に赤城山の麓まで。
まだ、陽のあるうちに到着したのだが、きりっとした空気の中に赤城山がそびえている。

2009111508440000







「虫の音」はまだ2回目なのだが、なぜか帰ってきた、って気にさせてくれる。
この日の登場人物、群馬miti君、テル・もんご両人もみんなギターはラインなので、オレもそれで良かったのだが、アンダーソンの「エアーでいきますか」の一言でマイク取りに決定。
ライン取りが悪いわけではないのだが、虫の音で弾き語るならマイク取りがいいなぁ。
口開けはmiti。聞くたびに良くなっている。こういう人が共演者にいるとモチベーションが上がっていいのだ。
続いてMOTEL。この名前を名乗るようになってから見るのは2回目なんだけど、練れている。綿密だ。本当にアンサンブルだ(変な言い方ではあるな)。
あとは時間が解決、いや、時間しか解決できないことだと思うのだが、積み重ねていくことによって寄り添ってくる二人の声、声質が変わってくる。それを待ってみよう。
いや、今でも十分に楽しめるパフォーマンスではあるのだが、まだまだ先の楽しみな二人だ。
そんな彼らのあと、オレの出番。ちょっと最初からとばしすぎたか。でも、すぐにペースを調整してじっくりとひとつずつ歌い込むことができた。
まぁ、ちょっと荒っぽいところも出てしまったかもしれないが、あんまりおさまりかえって歌うのもオレらしくないしね。
すべて終わって気がつくと、すでに10時を回っていた。少し押したものの7時から始めて、と考えるとそれぞれが1時間近くやっていたわけで、ちょっとやりすぎたかな、と反省。やはり、第三者のタイムキーパーが必要か。
2009111422520000
2009111422450000 チエちゃんの作ってくれたピザや薫製に舌鼓を打ちつつ打ち上がったのだが、なんと、オレが一番最初に寝てしまった。
まぁ、滅多に飲まない日本酒を飲んだから、ってことにしておこう。

以下、続く(予定ではいるのだが)



2009111423040000

虫の音で見た不思議なパーカッション。ジャグ・バンドで使うものらしい。
誰か、名前とか知ってる人はいるかな?




水野たかし LIVE SCHEDULE

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月14日 (水)

稲生座〜ツアーへ

昨夜の稲生座、素晴らしかったです。 
かなりのポイントで思いどおりのことができたかな。 

共演のながしまりいち氏、集まってくれた大勢の方々、稲生座、Companyのメンバー、みんなに感謝。 
始まる前からなんだか空気が沸々としていた。 
それを久しぶりのながしま氏がいい方向をつけてくれて、その流れにすんなり乗っていけたね。 
何もしないのに、あるべきところにすっぽりとはまった、という感じだ。 
ありがたし。 

ツアーに向けて、いい弾みを付けるライブとなった。 

あとは今週末から始まるツアーに邁進するのみ! 

詳細はSinging & Playing 1を参照していただきたいが。
 

/17(土)太子ホール c/w HOBOけいすけ (滋賀県東近江市) 
/18(日)音屋 景気屋 c/w スワンピータケシ&杉本“Q”仁美 (江坂/大阪) 
/19(月)まほろば c/w くすきしんいち (京都) 
/21(水)ORiON(岡山) 
/22(木)OYE COMO VA(尾道) 
/23(金)SHELTER 69(広島) 
/24(土)T-Jam Cafe(小倉) 
/25(日)ピースフェスタ in 門司港(門司) 
/26(月)野田や(門司) 
/27(火)フォーク・ビレッジ(小倉) 

ここで切り上げて帰ってこなきゃならん事情があるのが辛いね涙 
が、心してかかりましょう。 
どこかで会えるといいですなわーい(嬉しい顔)


水野たかし LIVE SCHEDULE

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月11日 (日)

メインは告知ですが(笑)

ツアー前、嵐の前の静けさのよう。
仕事もツアーに重なるように忙しくなる予定。
これも嵐の前の静けさ + ちょっとし予兆も。

そんな日々の中、明日は稲生座にて水野たかしCompany Live。
久しぶりに"ながしまりいち"氏と一緒。
明日はフルメンバー、アコースティックでと考えております。

連休最終日ですが、秋の夜長、遊びにおいで下さいませ。


☆水野たかし LIVE SCHEDULE☆

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年10月 3日 (土)

Google Chrome

まずは

夕べ、SPOONFULに来てくださった方々、ありがとうございました。
最初、リハーサル時には昼間もやっていた録音作業のノリからライブモードに移行することができず、少々不安だったが、ガソリン補給のかい有りで、無事、全うすることができました(笑)
さぁ、あと1回。
12月のSPOONFULはワンマンでやらせてもらうことがほぼ決定したので、よろしくです。
乞う、応援(笑)

で、Google Chrome
Google製のブラウザなのだが、実験的に導入してみた。
なかなか、サクサクと動いてくれる。
普段はFireFoxを使っているのだが、それはそれで。
気分転換にはちょっといいかも。
ただ、ブックマークの整理が思いどおりにできないのが難点かな。
でも、この軽さは無視できないかな。
ま、しばらくは使ってみよう。

水野たかし LIVE SCHEDULE

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 1日 (火)

さて、9月だ。

怒濤の2009年、あっという間に9月の声を聞いた。
光陰、矢の如し。
実感だなぁ。

と、振り返るにはまだ、早い。
まだまだ、9月である。
もうふたつほど、大きな波を企み中である。
そして、鬼が笑うであろうことも、頭の中で固まりつつある。

が、考えたことの半分もできていないことも現実。
焦らず、ひとつずつ、ひとつずつ、である。

♪今、目の前に、現れた現実を
 残すことなく、しっかり喰らいつくせ!♪ by ながしまりいち
である。

そんな、9月。
ライブはおとなしめ ;^^)
9月18日(金)水野たかしCompany(アコースティック・バージョン)@稲生座
   c/w 山口 晶バンド
   20:00 start   fee=¥1570+1order

9月20、21日(日・月)平和を願うコンサート in Japan
     「憩いの森ふれあいコンサート」 at 日高総合公園
       全国より、様々なミュージシャンが集います。
       コンサートは20日が9:50から16:20まで。21日が9:30から15:20まで。オレたちの出番は20日(日)の14:30頃からです。
       入場無料(フリーマーケットなどもあり)
       日高総合公園(埼玉県日高市大字高萩1500番地/JR川越線武蔵高萩駅より徒歩15分)

どうぞ、遊びにお越し下さいませ m(_ _)m

水野たかし LIVE SCHEDULE

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月29日 (水)

あと一週間

そう、夏のツアーまであと一週間。
8月5日(水)、西那須野のCafe Villadgeを皮切りに東北方面を回ってくる予定だ。
いろんなことが重なって、落ち着かない日々を送っているが、決めた予定はやってくる。
今回は「青春18切符」を利用して回る。初体験(笑)
ここまで迫っていて、わかったことがある。
青春18切符、初心者だからね。
今回は弘前まで足を伸ばすのだが、盛岡から先、東北本線はつながっていないのだ。
いやぁ、知らなんだ(汗)
この先、行きたけりゃ、新幹線に乗れ、ってことね。

いや、そうはイカの○○○○(笑)
一生懸命調べた結果、秋田を経由して奥羽本線に乗り入れるルートを発見。
時間はかかるけどね。
とにかく、経費節減、である。新幹線に乗れるような余裕は無いのだ。

いつものことであるが、直前になってくるとわくわくとした期待感と、ちゃんと回れるのか、ちゃんと演れるのかという不安感が相まって、気持ちが高揚してくるのだ。
これじゃ、遠足前の子供だな(笑)
ま、前日ぐらいになるとすぅ〜っと落ち着いた気持ちに戻れるのだが。
始まってしまえば、無心になって回るしかないわけで、悩むことも迷うことも無く、ある意味、落ち着けるのだがね。
この不安定な気分も嫌いじゃないのだが、早く落ち着きたいね。

そういえば、口の中の修理も行程途中で、完了はツアーから帰ってきてからのことになる。
これもひとつ、いらぬ不安の要素ではあるな。

水野たかし 09年夏のHere, I Am! Tour
8月5日(水) Cafe Villadge(西那須野・栃木)
8月6日(木) せがわ京染店(花巻・岩手)
8月7日(金) 岩手ミュージック・キャラバン「土沢音楽祭」(東和町・岩手)
8月8日(土) Hide's Bar「楽屋」(古川・宮城)
8月10日(月) アサイラム(弘前・青森)
8月11日(火) サテンドール2000(仙台・宮城)
8月12日(水) Bar Tarji(山形・山形)

前半、お久しぶりの人たちと会える。
後半、初めましての人たちと出会える。
いやぁ、楽しみだね(笑)
各地方の方々、よろしくお願いします。
お問い合わせは
t.aund.mizuno@gmail.com
もしくは
aund-5131-tak@docomo.ne.jp
まで。

水野たかし LIVE SCHEDULE

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年7月 1日 (水)

やっとこさ

久しぶりのゆっくりとした時間。
やりたいことは山なれど(笑)

まずはスケジュール、8月分までアップしました。
って、もう今日は7月じゃん。
8月は東北方面ツアー。
9月はさばいばるいとうの主催する「憩いの森ふれあいコンサート」、昨年も参加させてもらった平和を願うコンサートの第2弾ですな、これもポイントとして決まっている。
そして、10月には春におじゃました九州方面、秋のバージョンを。
今回はマッコイ池田を訪ねて天草まで足を伸ばそう、と考えているが、やはり途中、名古屋、京都、大阪、広島など行き帰りにぽつぽつと出没したいかな、と考えている。
さてさて、日々の暮らしに追われる中、どれだけの準備ができるか。
なんか、試されてる感じがするなぁ(笑)

水野たかし LIVE SCHEDULEnew
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月22日 (月)

ボゥ〜ッと

雨が降ってるし、ライブあけの日だし(笑)
朝からボゥ〜っとしてしまっている。
雨の日は苦手ぢゃ(苦)

ここのところ、日々、あくせくしているのでライブの日にオレの中の空気が戻ってくるのに時間がかかる。
いかんなぁ(汗)
とはいえ、無事、稲生座のライブも終了。
前回はほぼ全編、アコースティックで攻めたので、今回は全編エッレクトリックで。
そりゃぁね、アコースティックのほうが慣れてるし、何かとやりやすいのではあるが、出したい音があるんだよ。
頭の中で鳴ってる音に、なんとか出口を見つけてやろうと、友人たちに声をかけてCompanyを始めたわけだ。
ある程度、コンセプトも決まっているし、音も解ってはいるのだが、実際に音に出してみると、ああしたいこうしたいが次々と出てくる。
まだまだ、試行錯誤、暗中模索でもある。
その過程も楽しいんだがね。

が、アコースティックからエレクトリックの持ち替えは一筋縄にはいかん。
音色が変わるだけじゃなく、役割も変わるからね。
同じギターとはいえ、なかなか。

ご来店のお客さま、ありがとうございました。
まだまだ、見るたび、聞くたびに切り口は変わっていくだろうCompany、乞う、ご期待、であります。


いやぁ〜、それにしてもこのジメジメ、たまらんなぁ。


水野たかし LIVE SCHEDULE

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 7日 (日)

@東長崎編

金曜日のこと。
久しぶりのSPOONFUL
相変わらず、いい空気が流れてるね。
今回、ご一緒したのは小山トシヒロさん。SPOONFULは初めてだという。
オリジナルを中心に弾き語る方なのだが、ハープがなかなか素晴らしい。
オレは何度、ハープを挫折したのだろう(笑)
結局、未だ、ハープでは簡単なことすらできやしない。
ちょっと、ジェラシー(笑)

歌い始めは、自分でも「おいっ、何を緊張してるんだ?」ってな感じで立ち位置が定まらない。ギターの抱え具合もしっくりとは来ない。
微妙にずれてる感じ。
雨のせいか?(こらっ、他のことのせいにするなっ! ;^^)

が、ここはSPOONFUL、気持ちよく音が包んでくれる。
その音を聞きながら少しずつ修正していく。
ぴたっと来たのは3曲目か4曲目、その辺り。
ちょっと時間、かかり過ぎだな。
後半はおかげさまで、いつも通り、気持ちよく演らせてもらえた。
その勢いで、今年一杯のスケジュールも決めてきたよ(笑)
8月28日(金)、10月2日(金)、12月4日(金)と3回。
また、よろしくです。

雨の中、来てくれたお客さん、いつもいい空気を作ってくれるHATA君、ありがとう。
次は8月、楽しみにしてます。

晴れていれば愛車2号で出かけたんだけど、あいにくのお天気で電車の時間を気にしながら、少々いただきました(笑)
帰り道に感じたこと。
終電間近の電車の混み具合が少し緩いな。
ギターを持ち歩く身にとってはいいんだけど、なんだかね。
世相の風を感じる一瞬だね。

さて、次回のライブ。
6月14日(日)ハンマーヘッド(中野)
マスターのバンドとがっぷり四つに組んで、濃く濃くいきたい、と(笑)


水野たかし LIVE SCHEDULE

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧