« 2011年2月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年3月

2011年3月 8日 (火)

Orville by Gibson

さて、先日のLive Ver. 60.01のおり、数々のプレゼントや差し入れをいただきました。本当にみなさん、ありがとうございました!
なんといっても圧倒的に多かったのが芋焼酎各種。さすがにみなさん、よくご存知で www ところが本番中にサプライズが待っていました。稲生座のスタッフや仲間の有志から手渡されたのがOrvilleだったんですねぇ。後で由来は説明するから、と言われたまま。
還暦ということで亡きマスターの遺品、赤いIbanezのギターを弾き始めたんですがチューニングが狂ってしまい、せっかくだからとぶっつけでOrvilleを手に。
いやぁ、腰のあるとんがってないイイ音が出るんです。オーバードライブののりもきめ細かく気持ちいいし、なんの調整もしないまま最後までOrvilleで通してしまいました。
さて、打ち上げのさなか、由来の説明をしていただきました。

Dsc_0214_2が折れマイクなどが取り外された状態で粗大ごみのシールを貼られ、とあるマンションのゴミ捨て場に捨てられてあったそうなんです。
それを拾ってきて稲生座に残っていたマスターが改造したギターの残り部品などを組み合わせ、ネックの修理もされ復活させてもらってオレのもとに来たわけです。
仲間内にはそういう作業が得意なやつもいるので、プロの修復作業に引けを取らない仕事がされていて実用にはなんの問題もない状態です。素晴らしい。

Dsc_0215_2
ピックアップはフロントにマスターが生前外したままになっていたSGのリアについていたやつを、リアには友人がネットで安く落としたものが付いている、ということです。
このあたりはオレ自身が持っているDiMarzioの初代Paffがあるのでそのうち移植してやろう、とか思っているのですが、少しずつグレードアップしていく値打ちはありそうです。あと、ペグも少しいいやつと交換したいかな。
でも、一度廃棄されたギターがこうして復活してオレのもとにやってきた、というのはとても嬉しく思います。関わってくれた人たちの楽器に対する愛情や、想いを共に受け取りました。
そりゃァもっといい音のする楽器も多々あるだろうけど、このOrvilleはオレのメインの楽器になりそうな予感がしています。様々な縁が繋がってオレのもとにやってきたOrville。これはプライスレスです。
感謝!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

Live Ver.60.01を終えて

大盛況の中、無事終了しました。
いろいろと思うことはあるのですが、言葉になりません。

とにかく集まってくれたお客さん、支えてくれた仲間、メンバーみんなにありがとう、です。

いろんな思いを反芻しながら、この二日間はただただぼぉ〜っとしていました。
お祝いのメールやメッセージをいただいたのにレスを出し忘れている場合もあるかも、です。全部返事させてもらうつもりですが、万が一漏れてしまったら申し訳ない m(_ _)m

今は、オレのやってきたことが、回り道寄り道だらけだったけど、これでよかったんだと実感しています。まだまだ、道の途上だけどこのままこの道を歩いて行こう、と。
ひとりで歌っている時、ゲストの「辻邦博」と一緒にやっている時、そしてCompanyのみんなと演奏している時、そして全て終わってみんなと酒を酌み交わしている時、大きな幸福感に包まれていました。
こんなにみんなからいろんなパワーを貰って、ちゃんとオレは返していけているのか、なんて一抹の不安を抱えながら。
でもね、この幸せを感じていられる自分である限りオレはまだ大丈夫だと思ってます。
それはこの還暦記念のライブをLive Ver.60.01と名付けたところにもポイントがあります。
この先、ライブを重ねるたびに、例えば次回のライブは4月12日に稲生座なのですが、そのタイトルは水野たかし Live Ver.60.02となります。
この先、この数字をどこまで伸ばせていけるのか、まぁ、数を伸ばせばいいってもんじゃないのは重々承知の上でね、どこまでいけるのか、3月の5日が新しいスタートラインだったわけです。
当然、数字が増えていくだけグレードアップしていかなければならないわけだから大変ではあると思うんだけれども、今までのように続けていければそんなに無理難題でもないような気がして。

この先、水野たかしは一人でも歌うし、辻邦博とジョイント企画もやっていくし、当然Companyとはより深く掘り下げていくし、やりたい事、やらねばならないことはいっぱいあります。うかうかと年を取っているヒマはないんだ(笑)

あたたかく見守ってください、応援してください。よろしくです。

なんだか、書こうと思っていた内容とずいぶん違う方向に進んじゃったけど、ま、いっか(笑)
これもblog記事なんで。

それとお礼かたがたこれは書いておきたいのだが、当日、本番中に稲生座の仲間一同からギターをいただきました。
Orville by GibsonのLes Paulです。
感謝、感謝、です。本当にありがとう。
このギターの来歴は充分に一本のエントリーになるので後日、写真と共にアップします。
お楽しみに、ってほどのもんではないか(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年6月 »